名古屋サウスサイド バイブル バプテスト教会は伝統的・保守的なバプテストの教会です。


■ メニュー
■ 特別集会
■ 最近の週報
■ 青年フェロシップ!
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

■ ユーザーメニュー
メッセージ(週報) 検索

2019年7月28日(日曜日)

「エルサレム教会に対する迫害」使徒8:1-4

カテゴリー: - kayo @ 10時00分00秒

 「エルサレム教会に対する迫害」使徒8:1-4

 1.迫害者サウロ(1-3節)

  サウロは、ガマリエルというパリサイ派の教師の弟子だった。
  それまで迫害はサドカイ派(死者の復活を否定する人々)に
  よってなされていたが、これ以降、パリサイ派(死者の復活を
  信じる人々)も迫害に加わるようになった。こうして、クリス
  チャンすなわち教会に対する迫害はますます激しくなっていっ
  たのである。特に、急先鋒に立ったサウロの迫害は壮絶で、
  使徒以外のクリスチャンはみな、ユダヤとサマリアの諸地方に
  散らされてしまった。

 2.拡がる福音(4節)

  散らされた人たちは、みことばの福音を伝えながら巡り歩いた。
  福音は、迫害を通して拡がっていった。これは、イエスが昇天
  前に使徒たちに語ったことばの成就である。
  「しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を
   受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、
   さらに地の果てまで、わたしの証人となります。(使徒1:8)」
  イエスのおことばは、迫害を通して成就した。これぞまさに、
  すべてのことを働かせて益として下さる主のみわざである。

 【まとめ】
  \こ宣教は、だれにも止められない。
  ⊆腓蓮△△蕕罎觧醂を益として下さる。(ローマ8:28)

                   (文責:小山淳也牧師)


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

15 queries. 0.074 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

■ 教会案内
 名古屋サウスサイド
 バイブル バプテスト教会

 牧師

小山淳也
 名誉牧師 藤野千郷
 
 〒458-0041
 名古屋市緑区鳴子町2-175
 TEL/FAX 052-891-6425
■ 定期集会のご案内


 日曜日

 
 日曜学校
 礼   拝
 午後集会
10:00〜10:45
11:00〜12:00
14:00〜15:30

 水曜日
 聖書研究会


19:00〜20:30

 木曜日
 聖書研究会


11:00〜12:00
 
 詳細はこちらをご覧ください
■ 週報 月別過去ログ