2021年10月3日 礼拝説教要旨

「神が私たちの味方である」ローマ8:31-39

1.神が私たちの味方である(31-34節)

 サタン(悪魔)は私たちに敵対し、私たちを訴え、私たちを罪に定めようとする。でも、キリスト者には神という心強い味方がいる。

・神が私たちの味方であるから、だれも私たちに敵対できない。

・神が私たちを信仰によって義と認められたので、だれも私たち を訴えることはできない。

・私たちが罪を犯しても、キリストがとりなしていて下さる。

2.私たちは圧倒的な勝利者である(35-37節)

 私たちが苦しみの中で祈る時、神は、その苦しみをすべて良いことのために働かせて下さる。このような神の働きがあるので、私たちは圧倒的な勝利者なのである。私たちを愛して下さる神が、すべてのことを働かせて益として下さるのである。(ローマ8:28)

3.引き離されることのない愛(38-39節)

 この世のいかなる被造物も、私たちを神の愛から引き離すことができない。神の愛が私たちの主キリスト・イエスのうちにあるからである。イエスをキリストと信じることによって与えられる救いは完全である。そして、決して変わることがない確実なものである。

【まとめ】

・神は決して私たちを見捨てない。(ヘブル13:5-6)

(文責:小山淳也牧師)